[STORE-MIX] - ソーシャルマーケットプレイス 【bea's up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)【プエラリアプラザ[ストアミックス店]】
【bea\'s up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)
人気ブログランキングへ

2009年10月08日

化粧落としの洗顔方法

化粧落としのクレンジングオイルや洗顔料にこだわる人は、化粧落としの洗顔方法にも気を配っているようです。

洗顔料を上手に泡立てて、ピンと張りのある泡を作れるようになりましょう。化粧落としには、きれいで大きな泡を使って洗顔をすることがポイントです。

泡立てネットを用いるとびっくりするくらい簡単に大きな泡ができるようになります。ネットがあれば、特にテクニックなどを用いずとも手軽に美しい泡を作れるのでおすすめです。

また、少ない量の洗顔料で大きな泡が作れるので、コストパフォーマンス的にも優れています。泡立てネットには色々な形式のものがありますが、パラシュート型のものはジェルタイプでも固形タイプでも使いやすく、大きな泡が作れます。洗顔前にはお湯で手を洗い、手をきれいにしておくことが泡立てのコツです。

手のひらに皮脂汚れが多い状態では、泡が立ちにくくなってしまいます。Tゾーンに泡をつけ、順に伸ばしていって顔全体をくるむという手順で化粧落としをしていきます。面積の大きいほっぺたから泡をつける方もいますが、頬は皮脂分泌が少ないのでその必要はありません。

できあがったばかりの泡は洗浄力が最もいい状態にありますので、頬につけては皮脂が取れすぎてカサカサになってしまうこともあります。化粧落としを焦る余り手でこするように洗う方がいますが、泡で撫でるよう優しく洗ってください。

普段のお肌もいい状態に保てるよう、毎日正しい洗顔を心がけて肌トラブルとは無縁のお肌をキープしたいものです。
タグ:化粧落とし
posted by chibi at 07:06 | 化粧落とし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

化粧落としの洗顔料の選び方について

どんな洗顔料で顔を洗っているかも、化粧落としでは重要です。使われている成分や洗浄力、コストパフォーマンスをよく考えてください。

石油成分を使った界面活性剤や、防腐剤パラペンをふんだんに使っている洗顔料も少なくありませんので、成分表示の欄は入念にチェックしてください。刺激の強すぎる洗顔料を使い続けていると、肌に悪影響が出てしまうこともあります。

特に敏感肌の方は、天然成分をベースとした肌に優しい洗顔料を選び、化粧落としに用いるようにしましょう。肌への刺激が少ない洗顔料は洗う力が弱く、化粧落としや皮脂汚れ落としが不十分で、結果として肌に良くないのではないかと思われるかもしれません。

天然成分を洗顔料に用いるメリットは、肌に優しいだけではありません。天然成分はメイク汚れや皮脂汚れへの洗浄力も問題ありませんので、洗顔料として使うことに不都合はないといっていいでしょう。パウダータイプの洗顔料もありますので、乾燥タイプの肌の方は化粧落としに使いやすいようです。

洗顔の後に肌が張る感覚が気になるという方は、みずみずしく洗い終える粉タイプが向いています。単に化粧をおとすというだけでなく、スキンケアにもいい洗顔料です。肌のタイプが混合肌あるいは脂性肌なら、顔を洗ってからの感触がさっぱりとしている固形石鹸タイプが使いやすいようです。

固形石鹸であるにもかかわらず、洗い上がりの肌が不自然にしっとりしているという場合は、石油系合成界面活性剤が多い可能性があります。

肌を傷めない適切な化粧落としのため、肌の状態に合う洗顔フォームやせっけんを使いましょう。
posted by chibi at 05:11 | 化粧落とし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

化粧落としのクレンジング

クレンジングオイルは、水やせっけんだけでは落とせない化粧や皮脂汚れ落としに使う、日々の顔のお手入れのための商品といえます。

化粧落としは洗顔だけで十分だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、お肌のためには良くありません。表面的には化粧を落としたつもりでいても、実際は顔にべったりと残ったままという可能性もありえます

。落とし損ねてこぴりついたままのファンデーションやマスカラ成分は、時間の経過と共に酸化し、肌へのダメージの元となります。化粧落としが不十分だったために、肌トラブルやしみの元になるということもあります。

肌トラブルを事前に回避するため、クレンジング未使用だったという人も化粧落としにクレンジングを使ってみてください。化粧落としについては、十分な知識がない方が案外と少なくはないようです。

クレンジング剤は、どの商品を扱うかによって使用方法が違います。洗顔作業の前に顔にクレンジングオイルをつけるという形式が多く、乾いた手で顔全体に伸ばしてから洗顔をして化粧落としをするものです。

水分が混じると効果が低下するものが多いのですが、まれに、水にクレンジングオイルを溶かしてから使用するものもあります。化粧落としのときに、洗い流すタイプだけではなく、拭き取り専用のクレンジングオイルもあります。

説明書をよく読んでから、化粧落としをするようにしましょう。化粧をしっかり落として、素肌美人を目指しましょう。
タグ:化粧落とし
posted by chibi at 06:45 | 化粧落とし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おとくケータイ.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。