[STORE-MIX] - ソーシャルマーケットプレイス 【bea's up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)【プエラリアプラザ[ストアミックス店]】
【bea\'s up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)
人気ブログランキングへ

2009年09月24日

紫外線をカットするには


紫外線
が強い日差しの中を活動する時は、紫外線対策が欠かせません。日焼け止めクリームで紫外線をカットするかしないかで、肌のコンディションが大きく変わります。

紫外線カットに欠かせない日焼け止めクリームの主成分はどういったものでしょう。紫外線カットのクリームを探す時は、紫外線の強度や想定する時間に合わせて考える必要があります。

紫外線を吸収することで肌に紫外線が到達しないようにする紫外線吸収剤は、多くの日焼け止めクリームに使われています。お肌にあらかじめ日焼け止めクリームを塗ることで、紫外線が肌に行き着く前にカットします。

紫外線吸収剤が多く含まれているものほどSPFが高くなります。紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めクリームをつけて、炎天下の屋外作業の時などは紫外線カットに万全を期してください。

ですが、紫外線をカットするクリームは肌への負担もかかります。普段使いの紫外線対策クリームは、SPF少なめがポイントです。紫外線散乱剤は肌に塗る事で、紫外線を反射させカットするという効果があり粉状のものです。

日焼けをした肌の熱を、外へ逃がす役割もあります。白く塗りムラが出来る事も多いですが、吸収剤よりも肌への影響が軽減されています。

敏感肌の方には紫外線散乱剤が向いていますが、汗や皮脂汚れで落ちやすいものですので、こまめに塗り直すように心がけましょう。

日焼け止めによる紫外線カットは、ぜひ行っていただきたいものです。






タグ:紫外線
posted by chibi at 00:00 | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

紫外線から肌を守るファンデーション

お肌を紫外線から防御するために、SPF表記がされているファンデーションを使うという方法もあります。

SPF表記のあるファンデーションはパウダリーファンデーションと呼ばれています。チタン、酸化鉄などの微粒子が含まれていることで、紫外線を防ぎます。

肌の奧にまで紫外線が到達しないよう、金属を含むファンデーションで散乱させるのです。結果として日焼けをしにくくなったり、紫外線が肌内部に入り込みコラーゲンを破壊したりしにくくなります。

とはいえファンデーションですから、塗り重ね方で日焼け止め効果にムラが出たり、まめに化粧直しをしなければ時間の経過と共に効果が失われることもあります。

ただし、紫外線吸収剤が含まれた日焼け止めを使うより肌への負担が少なく済みますから、敏感肌の人などは重宝できるようです。肌が刺激に弱い人は、紫外線対策としてのファンデーションがいいかもしれません。

ファンデーションは多くの女性にとって、季節を問わずに使う日用品です。プラスαとしてお肌の紫外線対策効果が備わっていると嬉しいですよね。

金属アレルギーの恐れがある方は、チタンや酸化鉄により赤みやかぶれの心配が懸念されますので控えた方がいいかも知れません。アレルギー反応が気がかりだという場合、まずは顎や二の腕の柔らかい部分で判断をしてみてください。

紫外線対策には、クリームやファンデーションなどがありますので、どれにすべきかはよく考えましょう。




【美脚の作り方】魅惑の美脚プログラム
posted by chibi at 05:49 | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お肌の紫外線対策クリーム

肌のために紫外線対策クリームを購入する時には、どういった点に注目すべきでしょう。ほとんどのクリームには、紫外線対策指数としてSPFという指数が数値で記載されています。

肌に紫外線を浴びた時に、肌に影響がでるまでどのくらいの時間がかかるかを表したもので、SPF1につき20分の効果があります。SPF10なら200分となります。

つまりSPF15で持続時間が5時間程度のクリームであれば、近場への買い物に行くくらいならば十分に役に立つと考えることができるでしょう。どの程度の強さの紫外線に効果があるかは、SPFではなく+の個数となりますのでそちらも確認しましょう。

+が一つの場合ですと,庭のお手入れやお買い物などの日常生活で紫外線から肌を守る用途に適しています。強い日差しの下で長時間の作業をしたり、スポーツをするという時は、+が2個のサンオイルがいいでしょう。

日差しがきつい場所や雪山など、特に強力な紫外線対策が必要だという時は、+++の紫外線対策クリームを用いてください。敏感肌の方が紫外線対策クリームを用いる場合は、紫外線吸収剤が配合されていることもあるため、下地として保湿ジェルなどを塗ってから用いると肌を保護しながら紫外線対策ができます。

また、紫外線対策のクリームは、種類の異なるものをたくさん重ね塗りをしても効果が高まりはしません。SPF25の効果を得ようとして、SPF10クリームを塗ってからSPF15のクリームを塗ったとしても、求める効果を得られはしません。

また、手元に+の日焼け止めクリームと、++の日焼け止めクリームがあったとしても、肌に二重に塗っても効果は+3個分にはなりえないというわけです。

紫外線対策は肌に対してとても重要なことですが、紫外線対策クリームは混ぜないようにしましょう。


うるおい美肌モニター
posted by chibi at 00:00 | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

紫外線a波とb波の違いについて

紫外線はお肌の大敵とされていますが、大きく分けてa波とb波の二種類あることをご存知でしょうか。

a波は、紫外線の中でも波長が長いものです。人の肌は、表皮の下に保湿成分であるコラーゲンが存在し、コラーゲンが多いほど弾力が良くたるみが少ない状態ですが、紫外線a波はこれらを破壊します。

コラーゲンは皮膚のうるおいやハリにも影響しているため、これらが失われると肌のバリア機能が落ちてしまいます。紫外線a波の恐ろしいところは、天気や季候の変わり目に関係なく、肌をじわじわと侵食していくところです。

朝から雨が降っているから、太陽が姿を現さないからと紫外線対策をしないで外出をすると、じわじわと浸食した紫外線a波の影響は、少しずつ肌表面に出てきます。1日1日の浴びる量は少なくとも、いつしか積み重なってお悩みの元となることもあります。

紫外線a波は夏よりも冬の方が強いとされています。冬の間もお肌のためには紫外線対策を実践することをお勧めします。一方、肌の奧にまでは届かないものの、肌表面に赤みやしみを作るのは紫外線b波です。

波長が短く、影響は肌表面に留まりますが影響は無視できません。紫外線は軽く考えているとあとで酷い目に遭います。夏場のレジャーや冬場のスキーなど、紫外線から十分に肌を守れるようにしましょう。

ただし、天気がぐずついている日は紫外線b波は地上まで届くことはありませんので、そういった日は過剰反応することはありません。

紫外線b波とa波の肌への影響を理解した上で、時と場合に応じた適切な紫外線対策で肌を防御していきましょう。
タグ:紫外線
posted by chibi at 06:00 | 紫外線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おとくケータイ.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。