[STORE-MIX] - ソーシャルマーケットプレイス 【bea's up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)【プエラリアプラザ[ストアミックス店]】
【bea\'s up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)
人気ブログランキングへ

2009年10月22日

クレンジングのコスメ化粧品

化粧品関係全般の略称が、コスメと呼ばれるものです。皮脂汚れを落とし肌を保湿するスキンケア用品や、肌に色をつけ化粧を施すメイクアップ用品などいろいろな種類があります。

化粧品というとメイク用品を連想する人が多いようですが、コスメの根本は自前のお肌の手入れです。クレンジングとウォッシングは、コスメの基本です。化粧品の上手な使い方の基本となるのは、その日の汚れはその日のうちに落とすことです。

お肌は28日周期でターンオーバーし、古い皮膚が新しい皮膚に交代します。ところが汚れが肌に残っている場合、肌は固く再生力も弱くなり化粧品の浸透もなかなかうまくできなくなってしまいます。

最初のコスメや化粧品使いのステップは、その日のメイクをしっかり落とし、皮脂汚れを適度に落としきることです。ただし、肌の潤いが残るようなクレンジングをしながら、皮脂は根こそぎ落とせばいいものではありませんので、肌を傷まないよう配慮しつつ行いましょう。

初めてそれができて、コスメや化粧品の良さを引き出すことが可能となるのです。クレンジングの中でもオイルタイプのものは、メイクをしっかり落とせます。

けれどオイルは肌に必要な水気を取り除いてしまう場合もあり、保湿力が強いのはミルクタイプだといえます。

自分の肌質などをきちんと見極めたうえで、相性のいい商品を使用しましょう。
posted by chibi at 06:49 | クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

優秀なクレンジングオイルの特徴

優秀なクレンジングオイルの特徴は、豊富な天然有効成分を含んでいることで、天然植物オイルがたっぷり配合されているといいます。

オイルとは思えない程のサラサラ感があるのが、上級グレードのクレンジングオイルで、水と混じりやすい特性を、オイルでありながら持ったものが多いようです。

オイルのわりにべとつきが無いばかりでなく、とてもよく肌の細かいキメや毛穴の汚れとなじみ、浮かし出す事が驚く程簡単に出来るのがメリットだといえます。

世界中のモデルの間でクレンジングオイルが定番なわけは、強力メイクも肌への負担無くきれいに落とせるからです。品質の良い植物オイルが配合されたなめらかな上質クレンジングオイルならば、より簡単に汚れを落とすだけでなく美肌に効果的な成分をたっぷり含んでいます。

案外多くの人が、休日等ノーメイクで過ごした日は、洗顔だけで済ませているのではないでしょうか。けれど、色素や油の成分が、スキンケアや日焼け止めにも含まれているので、洗顔をクレンジングオイルによってしたほうが良いでしょう。

ローションや美容液の浸透も、ノーメイクでも肌がベタついている時にクレンジングオイルによる洗顔で脂成分を落とす事で、かなり良くなるでしょう。おすすめなのが、朝のクレンジングオイルによる洗顔です。

たとえ睡眠中でも皮脂や汗は分泌されるので、肌表面は皮膚についたほこりで汚れているのです。クレンジングオイルによる洗顔で、しっとり洗い上げれば化粧のりが良くなります。クレンジングオイルによる洗顔を、毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。
posted by chibi at 06:41 | クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

クレンジングオイルの使い方について

実際のクレンジングオイルの使い方とはどのようなものなのでしょうか。多くのクレンジング剤がある中で、クレンジングオイルを使う理由は、汚れが肌のキメに、普通の洗顔料だけで済ませてしまうと残ってしまうからです。

スキンケアは、肌の汚れを落とすに始まり落とすに終わるといわれるほど、洗顔は大切なことなのです。メイクもほこりも肌に残したままだと、肌の老化をどんどん進める事になるというのが、その理由です。

美しい肌をキープするためには、メイク汚れはどのようなクレンジング剤の使い方で落とせば良いのでしょうか。油性のクレンジングで落とす必要が、メイクの油性の汚れにはあります。顔の汚れにはメイク汚れのほかに、皮脂の様な親油性の汚れと汗・ほこり・ちりの様な親水性の汚れがあります。

普通のクレンジングオイルでは親水性の汚れを落とす事が出来ない為に、ダブル洗顔の必要があります。普通のタイプのクレンジングオイルよりも上級グレードのクレンジングオイルの場合は、まず始めに親油性の汚れを浮かした後、水を加えるとオイルが親水性へと変化する特徴があります。

乳化することで、石鹸のように、汗やほこりも一緒に包み込むことが可能になります。オイルが親水性に変化するタイプのクレンジングオイルなら、ゴシゴシこすって肌を傷める事無く、親油性汚れも親水性汚れも一緒に簡単に落とす事が出来るメリットがります。

不要な油分も肌に残さず洗い流せます。クレンジングオイルはメイク汚れの落ちもさる事ながら、美肌に役立つ有効成分も差がありますので、自分の肌に適したクレンジングオイルを選択するようにしましょう。
posted by chibi at 07:59 | クレンジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おとくケータイ.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。