[STORE-MIX] - ソーシャルマーケットプレイス 【bea's up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)【プエラリアプラザ[ストアミックス店]】
【bea\'s up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)
人気ブログランキングへ

2009年10月25日

スキンケアを意識したクレンジング

スキンケアの基本であるクレンジングのために、様々なケア商品が販売されています。

クレンジングを怠るとメイク汚れや皮脂汚れが肌に張り付きますので、その日の汚れをその日のうちに落とすのがクレンジングの基本だといえるでしょう。

クレンジングをいい加減に行うことによって、皮膚が硬くなり、くすみやしわの要因となるのです。販売されているスキンケア商品の中から適切なものを選ばなければ、クレンジングによって満足のいくスキンケアができないのです。

クレンジングでは、拭き取るタイプと洗い流すタイプが販売されています。拭き取るタイプのクレンジングで売られているのは、シートタイプや、メイクになじませてからコットンなどで拭うものです。

スキンケア的には、毛穴に汚れが残ったり、肌に負担が大きくなるなど、場所を選ばず手軽とはいえ、少し不安があります。様々な形のクレンジング用品が、洗い流すタイプでは販売されており、オイル状、リキッド状、ジェル状、クリーム状などがあります。

洗い上がりの好みや、個々人の肌質によって違いが生まれるのが、自分のスキンケアに良い商品です。洗浄力が強いオイルタイプは、メイクとのなじみが良いのが特徴ですが、スキンケアがうまくいかない場合が、肌のバリア機能を弱らせることによってあるでしょう。

肌に優しく敏感肌の方でも安心して使えるのがクリームタイプですが、メイクなどとの油なじみが、水気が多い分良くないといえます。油性のマスカラなどが落としにくいのは、浸透に時間がかかるからだそうです。

スキンケア用品はいろいろ販売されているので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
posted by chibi at 06:36 | クレンジング選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

クレンジングオイルとは

クレンジングオイルという化粧品にはどのような特徴があるのでしょうか。実際のクレンジングオイルの使い方や特徴についてご説明します。クレンジングオイルという化粧品の目的は、オイルで毛穴の汚れメイクや大気中の汚染物質を落とすことにあります

お肌の汚れの馴染みが良く洗い上がりはさっぱりとしていて、ベタベタとした感触が無いのが、クレンジングオイルの特徴です。クレンジングオイルを選ぶ人は多く、メイクが落ちやすいという事で、人気がある化粧品ですが、使い方を間違えるとクレンジングオイルはお肌のトラブルの要因となることがあります。オイルに溶ける性質がある油汚れは、クレンジングを石鹸等の洗顔料でするよりも、メイクによるお肌の汚れを、オイルで素早く浮き立たせて効果的に取り除くことができるのです。

多くのクレンジングオイルには、界面活性剤が多めに配合されており、それが特徴だともいえます。お肌への刺激が、クレンジングオイルは他のタイプの洗顔料と比較すると、落ちが良いだけに強いといえます。

肌の汚れを落とす力が強いクレンジングオイルの欠点は、肌の保湿成分迄奪ってしまうということですので、必要以上にクレンジングオイルで汚れを落とす為に肌をこすったり強くマッサージしてしまうことのないように気をつけましょう。

洗顔するときにクレンジングオイルで長時間行うと、肌のかさつきや、にきびの原因に、逆にお肌を傷つけてしまうことによりあり得るので、できる限り短時間で洗い上げましょう。乾燥肌や敏感肌の人は、クレンジングオイルの使用は避けた方が良さそうですね。

クレンジングオイルを使うと効果的なのは、Tゾーンなどの皮脂成分が多い部分や目の周り等のポイントメイク等を落とす場合です。化粧汚れの強い場所に、クレンジングオイルをカット綿や綿棒を使って、スポットクレンジングとして使用するのも、化粧アイテムとしておすすめだといえます。
posted by chibi at 07:17 | クレンジング選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

アイメイク化粧品をクレンジングするとき

アイメイク化粧品クレンジングするときのポイントをお話しましょう。印象深い顔立ちにするためにマスカラやアイラインをくっきり使ってはっきりとした目を作っている方は大勢います。

マスカラやアイライナー、アイシャドーは、石炭が原料のコールタールを使用している化粧品が多いそうです。目に化粧品をつけたまま放っておくと色素沈着が起きるのは、目に炭の粉をつけているようなものだからでしょう。そのため、目に施した化粧品を落としきれずにいては、いずれは目の回りが黒ずんで見える危険性があります。

また、ラメの入った化粧品には光沢を出すために金属が含まれていますので、その日のうちに洗い落とさなければ肌の呼吸を阻害しかねません。最近は目元専用のクレンジング剤も販売されていますので、それを用いて目のふちの化粧品は綿棒などを使って落とします。

コットンや綿棒を上手に使って注意深くクレンジングすることが、薄く繊細な目元の皮膚にダメージを与えずに化粧品を落とすコツです。最後のスキンケアも手を抜かないことが、クレンジングの仕上げになります。お肌のお手入れを開始する前に、電子レンジなどで作る蒸しタオルを顔に乗せ、皮膚を十分温めて表皮を柔らかくし、毛穴も広げてあげると、顔に付着した皮脂汚れなどが取れやすくなります。

クレンジング後は化粧水をコットンにたっぷり含ませ、優しく顔全体につけて十分に保湿します。これで毛穴が小さくなり、引き締まります。クレンジングを適切な方法で活用してお肌に付着している汚れや化粧品を取り除くこと、クレンジング後はスキンケアで保湿を忘れずに施すことが、美肌を維持する上では欠かせないことです。


紫外線対策特集!!
posted by chibi at 10:00 | クレンジング選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

正しいクレンジングの方法

   紫外線対策特集!!



スキンケアで重要なことは、的確なクレンジング剤選びと正しい洗顔で、化粧品や汚れをきちんと落とすことです。クレンジング剤はすぐには顔につけず、手の温度で温めます。冷たいまま顔にのせるよりも、体温で少し温めてから使用した方が化粧品もよく落ちます。

クレンジング剤の準備が整ったなら、手のひらで顔を優しく包み込み、力を入れすぎないように洗って汚れを落としましょう。手のひらはクレンジングの泡だけを押し転がす感じで、顔は擦らず圧迫せずに洗います。小鼻の周りの鼻筋は特に油が分泌されがちですので、力を入れず丁寧に汚れを落とします。

水で濡らしたコットンで丁寧に拭き取るか、ぬるま湯で何度もきれいに洗い流します。お肌にクレンジングが残るとお肌のトラブルの源なってしまうので、全体をまんべんなくきれいにします。余分な皮脂や肌にこびりついている化粧品がこすらずとも自然に浮いてくるよう、顔の中央から外へとマッサージをしながらクレンジングを伸ばします。

クレンジングを用いてのクレンジングを正しい内容でできるなら、わざわざダブル洗顔をしなくても化粧水や美容液も肌に入っていきます。

スキンケアは化粧品を扱う時と同様、多少時間がかかってもしっかりすることが大事であり、クレンジングも例外ではありません。美肌やトラブルのないきれいな肌を維持するためにも、クレンジングを適切な方法で活用して毎日の汚れをその日のうちに落としてあげましょう。

肌にあう洗顔を探している方必見!



美容に気をつかう人のサプリ!ホワイテックス(顆粒)

posted by chibi at 10:00 | クレンジング選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

化粧品クレンジング選び

化粧品とクレンジング剤とは密接な関係があります。大多数の化粧品は油性の基剤を材料に用いて肌に密着させます。そのため水だけでは洗い落とせないので、クレンジングで油を溶かして浮かせるのです

化粧品による油汚れをしっかり落とすことのできるクレンジングは、どのようにして選べば良いのでしょうか。多くの人は、使いやすいクレンジングの指針は化粧品が落ちているか、使った後にスッキリした洗い上がりになるかのようです。化粧の落ちが良いほど肌へのダメージが強いため、なるべく肌への刺激が少ないクレンジングを選びましょう。

洗浄力の強さではオイルクレンジングが突出しているのですが、オイルクレンジングは界面活性剤の力が強く肌への刺激が大きいので、日常的な使用にはあまり適していません。すすぎ残しなどで毛穴の中にクレンジングが残留すると、その部分から油分が酸化します。

肌の酸化はにきびや黒ずみの原因になってしまいますので注意が必要です。シート状のクレンジングは、化粧品をサッと拭き取るだけで化粧落としができるという手軽さが魅力ですが、拭く時の摩擦や、防腐剤の肌への悪影響も懸念されます。

界面活性剤の配合が多いクレンジングとしては、クリーム状のクレンジングも存在します。ジェルタイプやミルクタイプのクレンジングは油分の量がちょうど良く、界面活性剤も少なくなっているので、肌への負担が少ないのが特徴です。

肌に優しいスキンケアで保湿や美肌を目指すには、肌に水分や栄養分を与えるばかりでなく、クレンジングでの化粧落としでも肌に負荷がかからないよう工夫してください。


【垂れ・ハリ・小さい】バストで悩みたくない方必見★

谷間を作るならココ!!



posted by chibi at 06:41 | クレンジング選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おとくケータイ.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。