[STORE-MIX] - ソーシャルマーケットプレイス 【bea's up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)【プエラリアプラザ[ストアミックス店]】
【bea\'s up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)
人気ブログランキングへ

2009年11月08日

保湿美容液の選び方

慢性的な乾燥状態にある肌に必要なものは、美容液による保湿が必要かもしれません。

年と共に肌のうるおいは低下していきますが、加齢効果をある程度は阻むことは、日々のスキンケアでできるのです。化粧水で事足りるのは、水分を外から与えるだけの場合です。肌の保湿力が逃げないようにとどめておくには美容液が必要なのです。

保湿や美白だけでなく、皮脂コントロールや小じわやしみ対策、紫外線防止対策に用いられる美容液の種類は、その用途によっていろいろあります。美容液を初めて使う方には液状が良いでしょう。美容液の中でも一般的なタイプで、浸透性が良いのがメリットです。

保湿対策に効果的なのが、ゲル状やジェル状の美容液です。肌の保湿はスキンケアの根本となるもので、その影響は化粧のノリにもアンチエイジングにも及ぶものです。人の肌は、保湿に天然保湿、セラミド、皮脂を用いています。

これらのそれぞれが協力しあいやすい美容液が、美容液を使う時は効果的だといえます。保湿力が2種類ある美容液には、再生中の細胞に影響を及ぼすうるおい育成型と、肌のうるおい成分に素早く働きかけるチャージ型とがあるといいます。

また、化粧品は薬品ではありませんので、特別な注意事項がない限り、ライン使いにこだわる必要はありません。

実際に美容液を選択する場合には、使用感の好みや肌に合うかを基準にすると良いかもしれません。




posted by chibi at 06:37 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

美容液で保湿する方法

上手に使えば肌トラブルを解消してくれ、頼もしい味方になってくれるのが美容液です。

保湿や美白だけでなく、リフトアップやアンチエイジングに効果がある美容液を有効に使いこなすには、どのように使えばいいのでしょうか。大切なのは、美容液は顔全体につけるということです。顔の隅々までつけることが重要なのは、美容液には保湿だけでなく美白や抗老化作用も期待できるからです。

高い品物だからとケチりながら使っても、美容液の効果が薄れるばかりです。けれども大切なのは、たくさんの量を使うというよりも、しっかりと肌全体に手のひらを使って馴染ませていくということです。多すぎても少なすぎても、美容液は効果があがるというものではありませんので、適量を使用するようにしましょう。

スキンケアを行う場合、水気の多い化粧品からつけていくのがセオリーです。保湿タイプと美容タイプの2種類の美容液を使う場合には、始めに保湿タイプを塗るというのが正しい方法です。油分の多い保湿クリームなどを使う場合は、美容液の後に使うことが原則です。

それから皮脂の分泌の多いTゾーンは控えめにしたほうが良いのは、油分の多い化粧品をつける場合です。美容液を新規に購入した時は、説明書を一度はしっかりと読むようにしましょう。

油分が美容液に含まれているを嫌って、オイリー肌の方には美容液なしでスキンケアを行う人もいますが、肌の乾燥を防ぐことは大切なことです。

美容液を使ってのスキンケアで、肌トラブルを防ぐようにし、日頃から保湿を心がけながらお肌の老化を防ぎましょう。
posted by chibi at 07:00 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

保湿のために美容液を

美容液とは、スキンケアに用いる基礎化粧品の一つです。

肌を、洗顔後に化粧水などでケアした後に、肌に塗って使用するものです。保湿成分や美白成分、アンチエイジングの成分など、色々な成分を含んでいます。

日本では1980年代以降に急速に広まりました。ほとんどの美容液は、ジェル状か、透明か半透明の液体になっているようです。他の化粧品に比べると、有効成分が高濃度で配合されているため、高価なものが多いようです。

けれども、せっかくの品物も、肌質に合わない美容液を購入したり、使い方を誤ってしまっては台無しになってしまいます。化粧品店や専門家によってしっかりとカウンセリングを受けるといいでしょう。

20代後半以降になると、化粧水だけでは肌の保湿は困難になってきますので、若い頃は、美容液を使用しなくても、肌の保湿は可能かもしれませんが、それ以降はきちんと考えなければなりません。肌を活性化させて保湿するには美容液が必要になります。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が含まれているかを、美容液を購入する時にはきちんと調べておきましょう。オイリー肌の方は、美容液に含まれている油分を嫌って、美容液なしでスキンケアを行う方もいますが、肌の乾燥を防ぐことは大切なことです。

日頃から保湿のために美容液を使って、肌トラブルを防ぐためにも、スキンケアでお肌の老化を予防することをおすすめします。
posted by chibi at 06:54 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

スキンケア用品での保湿

皮膚を保湿し、整え、滑らかにすることを目的として販売されているのが、スキンケア用品の要となる化粧水です。

洗顔後は、皮脂や油分などの保湿成分が少なくなり、角質中の水分が蒸発しやすい状態になります。数多く販売されているのが、洗顔後に保湿を行うスキンケア用品で、スキンケアには保湿が重要なのがその理由です。


スキンケア商品の中でも化粧水は、水分補給を目的として販売されているといえます。敏感肌はコットンの繊維などで肌を傷めてしまうことがあります。清潔な手で優しく馴染ませるようにつけてください。肌がひどく乾燥している時は、化粧水だけのスキンケアでは片手落ちです。

化粧水に加えて、販売されている美容液や乳液を使いましょう。この美容液はスキンケアに欠かせない商品で、保湿や美白の成分が入っているようです。

肌にハリを与える美容液、しわやしみを防ぐ美容液などが販売されていますので、目的に合わせて選択してください。40代を過ぎて肌が乾燥しやすくなった頃から、乳液は使ってみたいスキンケア用品だといえます。


肌から水分が蒸発しないよう、フタをする役割を果たすために販売されています。肌トラブルの原因になることも、油分が多い乳液の場合はあります。

スキンケアを考えるならば、おすすめなのは、ベタつかない、比較的さっぱりとしたものが販売されいるのでそれを選択することです。
posted by chibi at 06:00 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

保湿化粧品の使い方について

乾燥肌の方にとって手放せないアイテムだといえるのが、保湿化粧品です。では乾燥肌に役立つ保湿化粧品はどのように使ったら良いのでしょうか。

コットンでバタバタと叩き込んだり、肌の上を滑らせたりして、せっかくの保湿化粧品を台無しにしてはいないでしょうか。

肌には、自分では優しくしているつもりでもかなり摩擦のダメージを与えていることがけっこうあるのです。どんなに質の良いコットンを使っても、肌の表面は傷つきやすいので、肌にダメージを与えているということを忘れてはいけません。

肌の表面がひび割れていると、水分が保湿化粧品でケアしても逃げ出してしまい、乾燥を招いてしまうのです。外界からの刺激物質の進入を、乾燥した肌は許してしまいます。

乾燥肌対策の第一歩は、肌に優しい保湿化粧品の使い方を身につけることなのです。化粧水、美容液、乳液は手のひらにのせて、顔全体にさっと、やさしく肌を押さえながらなじませていきます。

中指と薬指の腹を使って更になじませて仕上げます。顔の内側から外側へ、下から上へ、血行とリンパの流れを意識することが大切です。コツは、指圧する様に、2本の指の腹で軽く押し込む様になじませていくことです。

絶対にやめたほうが良いのは、こすったりバシバシ叩くことで、顔の赤みやしみの原因になってしまいます。優しさ最優先のスキンケアが、デリケートな乾燥肌には、欠かせない事を知っておくと良いでしょう。

毎日の乾燥肌のスキンケアに、正しい保湿化粧品の使い方をマスターして、役立てていけると良いですね。
posted by chibi at 08:00 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

乾燥肌には保湿化粧品を

乾燥肌で悩んでいる方は、ぜひ保湿化粧品の利用をおすすめします。そのまま乾燥肌を放置しておくと、張りも弾力もなくたるんだ肌や、薄く硬いしわができやすい肌になってしまうかもしれません。

ひび割れて刺激物質や細菌が入り込みやすい弱い肌になったり、かさかさで化粧のりの悪い肌も、乾燥肌の方に多い特徴です。考えただけでも気持ちが暗くなりそうなことにつながるのが、乾燥肌を放置しておくことなのです。あらゆる肌老化の原因が乾燥肌であるといってもいいくらいでしょう。

このように、乾燥肌のマイナス点を言い出したらどんどん出てきます。乾燥肌のスキンケアを保湿化粧品によって行うことをおすすめします。乾燥肌の保湿にはどのような方法があるのでしょうか。保湿のポイントは保湿化粧品の選び方で、乾燥肌なんてそのコツが分かれば怖くないといえるでしょう。

保湿化粧品は正しいものを使用すれば、乾燥肌のスキンケア対策をすることが可能になります。保湿化粧品の特徴は、保湿力の高い美容成分が含まれているということです。セラミド、スフィンゴ脂質、レシチンは、水分を包み込んで逃がさない役目をする保湿化粧品の成分です。

保湿化粧品の中で、水分をたくさん含むことのできる成分は、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンです。さらに吸湿力のある保湿化粧品の成分としては、天然保湿因子(アミノ酸・尿素・ PCA)、PG、グリセリン、BGがあります。しっかりと乾燥肌の保湿に役立つ成分を知っておくことが、スキンケアの結果にとって重要なことです。

自分の肌に合った保湿を助ける成分が含まれている保湿化粧品を、乾燥肌の方は選ぶことが重要です。
posted by chibi at 00:00 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

肌を保湿する際の注意点について

適切な洗顔料と洗顔方法で顔を洗うことが、肌の保湿力アップには忘れてはいけません。起床時の洗顔は、軽くパシャパシャと洗うことで、肌にいい刺激を与えることができます。

夜の洗顔は、朝のように強い刺激を肌に与える必要はありませんので、優しく全体をカバーするように洗顔料を使い、顔を両手でそっと覆ってハンドマスク効果保湿力を高めてください。

顔を洗った後は、できるだけ早く肌の保湿をしましょう。バスタイムには、お湯の温度を上げすぎないことが、顔だけでなく全身の皮膚の保湿力を維持するためには大きな効果をもたらすようです。

肌は角質層で外界の刺激から守られていますが、強固な鎧というわけではありませんので、ナイロンタオルやボディブラシで力を入れてこすりすぎないことも大事です。こすらず、手のひらや柔らかいタオルで、泡を使って洗うといいでしょう。

保湿性の高い入浴剤も販売されていますので、使ってみてもいいでしょう。入浴後の肌は水分を含んで潤っていますので、水分が飛んでしまう前に保湿にいいローションやオイルを使います。普段からのお手入れが10年先、20年先の肌の状態を決めますので、コツコツとケアを続けましょう。

ナイロンやポリエステルなど合成繊維の服は静電気が起きやすいですが、乾燥気味な肌にはかゆみが出ることがあるので、特に冬場は天然繊維がお勧めです。

肌を乾燥させないためには、空気の湿度にも気を配りたいものです。必要ならば加湿器を使い、時には運動で汗をかくことで肌を乾燥から守ってください。スキンケアで外側から肌の保湿をするだけでなく、運動や食べ物の見直しからも保湿力を高めましょう。



皮膚再生医学に基づいた細胞レベルの本格派美容液..*





え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


アニエスベーのコスメを手に入れられるのは、CCBパリでだけ!
posted by chibi at 05:47 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

化粧水で肌の保湿をする

化粧水や乳液には、お肌を構成している成分を含有している製品がたくさんあって、相当の肌保湿効果を期待することができます。

お肌を保湿する方法の中でも最も即効性があって、目に見えやすいスキンケアではないでしょうか。お肌の保湿でおすすめしたい方法が、コットンパックによる肌保湿です。顔全体に水分がいきわたるように、額、両頬、鼻、顎に対して化粧水を含ませたコットンをくっつけていき、更にラップで包んで乾燥を防ぎましょう。

数分そのままにしておくだけで、お肌の保湿状態が見違えます。ヒアルロン酸は化粧水や肌の保湿成分として代表的な物質ですが、皮膚だけでなく体の様々な場所に存在し、水分を保持しています。ヒアルロン酸は、保水作用のほかにも、肌荒れを防いだり、お肌にハリを与えてくれる効果のある美容成分です。

肌を保湿する成分であるダイズエキスは、角質細胞の隙間を埋める性質があるのでおすすめです。天然オリゴ糖のラフィノースや甘味料としても使われるトレハロースも高い保湿力を持ち、また、肌の細胞に存在するセラミドなどの肌の保湿に効果的に作用する成分です。

保湿力の高さから化粧品に用いられている成分にアミノ酸があります。アミノ酸は肌との相性がよく、使用頻度も高いようです。天然保湿因子の主成分でもあるこれらの保湿成分以外にも、引き締め効果があるビタミンC配合化粧水などがあります。

肌の状態には個人差がありますので、どんな肌かチェックをした上で使いやすい化粧水や乳液を活用してください。

○o。...=============================================================

       EGF・フラーレン・4種類のヒアルロン酸配合
    Grace & Lucere モイスチャーローション詳しくはコチラ↓↓
        【Grace&Lucere】モイスチャーローション   
===========================================================o
posted by chibi at 06:23 | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

肌保湿は食生活の改善から

食事は、人間が生命を維持するためのエネルギーになることはもちろんですが、美容の観点からみても正しい食生活お肌の保湿に必要不可欠です。

美肌作りのお肌にとって、ビタミンAビタミンCは欠かせないのです。肌の保湿には、皮膚内の新陳代謝やコラーゲンの維持が重要であり、そのために必要な成分がビタミンCです。

ほうれん草かぼちゃブロッコリー、ピーマン、にんじんなどの野菜や柑橘系の果物はビタミンCがたっぷり含まれています。例えば、いつもの食事に緑黄色野菜を用いた温野菜のサラダをつけるようにすると、食物繊維も取り入れることができて健康効果も倍増します。とはいえ、判で押したように同一メニューを使えばいいというわけにはいきません。


肌の保湿のことを考えるならば、バランスを考えながら様々な食べ物を食べることが大事です。食事の時間も、毎日同じ時間にリズムよく食べることが大切です。肌の保湿効果を高めるには、ビタミンAやビタミンCをたっぷり摂取し、時間的余裕を見て朝食を摂取できるような生活習慣を維持するように心がけましょう。

メイクやスキンケアも重要ですが、食べ物に含まれる栄養素についても知るようにしましょう。また、肌の保湿には十分な水分を取ることも大事です。ややぬるめの湯を、小分けにして少しずつ飲むといいでしょう。肌の保湿にいいだけでなく、腸を刺激してお通じを良くすることにも繋がります。

女性の強い見方!【プラセンタマスク】

posted by chibi at 00:00 | Comment(0) | 肌保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おとくケータイ.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。