[STORE-MIX] - ソーシャルマーケットプレイス 【bea's up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)【プエラリアプラザ[ストアミックス店]】
【bea\'s up 9月号掲載】雑誌モデルも多数愛用!レディーズプエラリア99%(60粒)
人気ブログランキングへ

2014年01月29日

ボディーエステで人気のセルライトケア

ボディーエステの中でも最近人気なのがセルライトケアです。

リンパ液や、不要になった老廃物に脂肪がくっついたもの等と言われていますが、

セルライトが何かは実は明らかにはなっていません。

脂肪のある部分に不自然なザラザラがあると、そこがセルライトの部分です。

セルライトがある部分は血行が悪くなり、むくみ、冷え症などがよく起きます。

ある程度年のいった女性に見られるもので、一旦できるとまず消えません。

セルライトを除去するためにはボディーエステのセルライトケアをしなければなりません。

機械を使って脂肪融解ケアを行ったり、

プロのエステシャンによる脂肪融解を促すマッサージによってセルライトの代謝を促す方法などがあります。

セルライト除去と合わせて筋肉運動を促す美容機器を併用することもあります。

施術にかかる時間は一回30分程度で、ボディーエステによるセルライト除去コースを受けられます。

長時間すぎるケアをしても、セルライト除去の効果は得られないようです。

セルライトを取り除く美容施術は、効果があらわれるまでにすこし時間がかかります。

15回くらいは受ける必要があります。金額は1回12,000円程度が普通ですが、

エステサロンによって異なりますのであらかじめよく調べておきましょう。

セルライトの対策を行うボディーエステに関心があるという人は、一度実践してみてはどうでしょう。


posted by chibi at 04:51 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

リフトアップによるタルミ取り

タルミ取りをリフトアップによることについてです。

頬のタルミやあごのタルミは、ほうれい線をより濃く見せたり、

口元が下がって見えて、年を取った印象を与えます。

顔の皮膚が結構垂れてからでなければ、タルミとして認識されることはないようです。

タルミ自体がさほどではない場合は、

レーザーや美容注射でのタルミ治療が有効な対抗策になるといいます。

とはいえ、タルミが深くなればなるほど、美容治療でできることには限界があります。

顔のタルミがひどくなってしまったら、

レーザーや注射による方法では無くリフトアップと呼ばれる方法が適しています。

金の糸、フェザーリフト、ヴィーナスリフト等の名称がついた美容施術がありますが、

いずれも糸で皮膚を引き上げることでタルミ取りを行うというものです。

溶ける糸や糸に突起がついたものを肌に、網の目のように通す事で頬や首筋、

額などのタルミをきれいにリフトアップする効果があります。

糸で皮膚を持ち上げるため、皮膚を切開せずに済みます。

糸を使った美容整形の利点は、短時間で手術が済み、

入院はせずにその日のうちに帰宅でき、シャワーも使えることです。

化粧の制限も翌日からはなくなりますし、

生活リズムを変えることなくいつもと変わらない日常を送ることができることもいい点です。

痛みが苦手という人も、糸を使ったリフトアップならば、肌を傷めず、

メスを使わずに局部麻酔で施術は終わります。

美容整形に抵抗感がある人でも、比較的受け入れやすい方法となっています。

リフトアップに使用されるタルミ取り用の溶ける糸というのは、1年ほどで溶けて無くなります。

けれども、糸があった場所はコラーゲンやヒアルロン酸がどんどん生成されていくため、

タルミ取り効果がしばらく残っている感覚になれるでしょう。


posted by chibi at 04:37 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

タルミ取りの方法と症状について

タルミ取りを考えるなら自分のお肌が今どの状態にあるかということを知る事が大切です。

頬のタルミが増して、ほうれい線がくっきり見えるようになると、タルミの初期の症状です。

輪郭線にタルミが目立つようになったり、口元から顎の皮膚のタルミが出るようにもなります。

少しばかりのタルミ取りならば、マッサージで皮膚を刺激し、顔の筋肉を強くしましょう。

タルミ取りに効果があるエステの施術には、

コラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックスなどを注入するといった方法が知られているようです。

必要となる費用も数千円ぐらいからあるので、手軽にタルミ取りができる点が大きなメリットです。

他にもレーザーや光をタルミのある部分に当てる方法もあります。

肌の保湿力を高めるコラーゲンやヒアルロン酸をふやすことによって、

ハリと弾力を向上させるという方法もあります。

もともとタルミの原因と言うのは肌の弾力を保つ成分が、加齢によって生成が少なくなる事です。

そのため、レーザーの光などで肌を刺激し、

ハリを維持する成分の生成を促す美容施術は高い効果が期待できます。

美容施術を行うことで、肌自体がハリを持つ機能を向上させるというやり方です。

若いうちはほとんど気にならないタルミも、

30歳を越えるとコラーゲンがヒアルロン酸が減ってタルミが増えます。

タルミが起こるとどうしても老けた印象になります。

タルミ取り効果があるマッサージやエクササイズをすることで、

タルミに対するケアをきちんとすることが大事です。


posted by chibi at 04:17 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

タルミ取りのための美容整形

タルミ取りのための美容整形についてです。

弾力があり、ハリがあった皮膚も年を取ると徐々にタルミが目立つようににり、

年をとって見えるようになります。

タルミ取りの方法には様々なものがあり、

エステでは独自のフェイシャルメニューでケアを行うところもあります。

ヒアルロン酸やコラーゲン、ボトックスを注入することでたるみを解消し、

肌の弾力を取り戻すという方法は、多くの人が利用しているようです。

レーザー光線をタルミの気になる場所に当てることによって、

皮下にあるコラーゲンを刺激して、生成力をアップさせる方法もあります。

タルミの程度が大きい時は、顔や頬のタルミが気になる部分に溶ける糸を通すことで、

皮膚を引き上げる方法があります。

糸のところどころに突起物がついているものを使用することによって、

普通の溶ける糸を使うよりも強力にタルミを解消することが可能になっています。

レーザーを使う方法と違い、

糸を使うことでタルミ取りをしたい場所の皮膚を確実に引き上げることができ、

大きな効果を期待することができるでしょう。

お肌をメスで切り、タルミが気になる部分を引き上げて、

余った皮膚を切除して縫い合わせるという直接的な手段もあります。

タルミ取り効果がある美容施術には色々なものがあるので、自分の肌のタルミ加減で選択できます。

最近は美容整形もプチ整形などとも呼ばれ、

値段も以前に比べて随分と下がってきており利用しやすくなっています。
一口にタルミ取りといっても、その手法は多岐に及びます。

どんな方法があるか知りたいという人は、情報を収集することで自分に合う方法を見つけだしてください。
posted by chibi at 04:19 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

エステでくすみやしみを解消

しみやくすみ年齢とともに気になる肌のトラブルです。

少なからずの人が、熱心にお肌のケアを続けているようです。

ただし、UVカットや保湿パックを日々熱心に行っていても、

お肌の調子は一向によくならないという人もいるといいます。

エステで美肌を目指すという人もいます。

エステには、様々なくすみやしみの改善をするフェイシャルコースがあります。

家庭ではできないようなスキンケアを、エステでプロの手で施してもらったり、

美顔器を用いた美白ケアもしてもらえます。

レーザーを使ってしみを取り除くこともできますし、

最新のフェイシャル器機で肌のくすみを解消するコースもあります。

エステによっては、しみやくすみを減らすための集中的な美白コースを扱っているところもあります。

エステの美白コースでは、メラニン色素に作用して肌のくすみやしみを取り除き、

白く美しい肌にするという方法も存在しています。

しみを除去するケアは、時間をおいて少しずつ行うことで効果をより高めます。
エステのレーザーは肌に負担をかけることもないので、安心して利用することができるでしょう。

しみやくすみケアを自宅で行うには、やはり限度があります。

エステの美白コースを利用することで、美しいお肌になれる期待が持てます。


posted by chibi at 05:19 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

くすみとしみの基本的なケア

くすみとしみにはどんな人でも年齢とともに肌の悩まされるものです。

どういったスキンケアを施すことで、しみやくすみの少ない、きれいな肌であり続けられるのでしょう。

紫外線から肌を守ること、肌を乾燥させないことが重要です。

紫外線と乾燥の2つが、くすみやしみの多い肌をつくることからです。

既にできてしまったしみには、保湿パックやケアが効果的です。

その時には水分を十分に浸透させること、

美肌効果があるビタミン誘導体などを活用することがポイントです。

スキンケアを毎日丁寧に続けることで、しみを改善することができるでしょう。

紫外線対策は、季節を問わず1年中行うことが大切です。

UVカット効果がある化粧下地や、ファンデーションを活用するといいでしょう。

食生活においても日頃から水分をたくさん摂って、

栄養バランスの良い食事とビタミンC とビタミンA の摂取を心かげましょう。

皮膚のくすみは気になるけれど、しみは少ないという人は、水分量が十分でないことがあります。

くすみは気づくと血色が悪くなっているということが珍しくありません。

水分をしっかり摂ること、紫外線から肌を守ることが大事です。

紫外線のために肌が乾燥することがあるためです。肌のくすみは、

古い角質層が皮膚にいつまでも残っているためということがあります。

ターンオーバーの周期は、若いうちは短いですが、年を取ると長くなる傾向があります。

ターンオーバーの速度を遅くしないためには、血行を良くすることが重要です。

肌のマッサージを取り入れることで、お肌のくすみを解消することができます。

お肌のお手入れを毎日することで、しみやくすみの目立たない肌になりましょう。


posted by chibi at 04:42 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

肌のくすみやしみの原因

くすみやしみは年齢を重ねるとともに気になるのがお肌のトラブルです。

なぜ、しみやくすみが肌に目立つようになるものなのでしょう。

肌の広い範囲がくすむ場合と、肌全ての色が変わる場合、狭い部分のくすみなど、

様々な肌のくすみがあります。

肌のくすみの正体は、古くなった角質層などです。原因は、血行不足や、ターンオーバーの停滞です。

血液が十分に行き渡っている場合には、明るくピンク色の肌色になります。

血流が悪化し、酸素が十分に血液に溶け込んでいないと黄色みがまし、肌がくすんで見えます。

とはいえ、くすみへの影響度が高いのは紫外線です。

紫外線が皮膚に当たると皮膚にあるメラノサイトという色素細胞が反応してメラニン色素を作ります。

肌表面にメラニン色素ができることで、紫外線の作用が緩和されます。


基本的には、メラニン色素は1〜2カ月でなくなります。

肌にシミができるのは、一度できたメラニン色素が排出されずに残ってしまうためです。

女性ホルモンの分泌は、しみの発生に深く関与しています。

そのため、生理前2週間はシミができやすい期間になります。

特に入念なしみ対策が必要になるといえるでしょう。

肌のくすみやしみの原因ははっきりとしています。

どこに主原因があるかを特定てれぎは、何をすればしみやくすみのない肌になれるかがわかりますので、

まずはそこを抑えましょう。
コースタルレンズ



posted by chibi at 04:33 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

美肌と美容整形の注意

美肌になる為に、美容整形を考えているならばいくつか注意しておきべき点があります。

どんな医療機関で美容整形を受けるかという問題は、レーザーに限ったことではなく重要な命題です。

情報収集には、インターネットを積極的に活用してみてください。

サイトの口コミ情報をチェックしたり、

電話などで病院側がどんな対応をしてくれるところかを判断してみてください。

安心して施術を任せられるような病院を、口コミ情報などから見抜きましょう。

レーザー治療による美容整形は施術する先生により、

技術に差があり、術後の効果にも違いが出てきます。

口コミ評価の内容がよければ、知識や経験も豊富な人物であると解釈していいでしょう。

美肌になる為の美容整形はレーザー以外にもいろいろな方法がありますので、

まずはカウンセリングを受けてみる事もおすすめです。

自身の肌を美肌にするために美容整形は必要か、

必要な場合はどんな施術が推奨されるかなどを聞いてみてください。

美肌になりたいけれど、具体的な方法がわからないという人もいます。

自分では見極めがつかないという人は、美容外科で医師に診察をしてもらって、

美肌に必要なものを指導してもらいましょう。

今まで美容整形をしたことがないため、

未知の用語や美容整形の方法を説明されても難しいと感じる人もいます。

美容整形のカウンセリングでは、疑問があればどんどん聞いて、

不安がない状態で施術を受けることも大切です。

もしも美肌のために美容整形を受けてみたいという人は、カウンセリングから始めてみてください。


posted by chibi at 04:37 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

美肌とレーザーによる美容整形

美肌とレーザーによる美容整形についてです。

どんな肌を美肌というのでしょう。

一般的にはしみやくすみ、にきびなどがなく、弾力のある瑞々しい肌のことです。

女性の多くは、もっちりとした弾力があり、

触るとすべすべしている美肌になりたいと思っているようです。

10代、20代のうちは何もしなくても肌のコンディションはよいですが、

年齢を重ねると共に肌の保湿力や白さが低下してきます。

最近はプチ整形などと呼ばれる美容整形を受ける人も増えているそうです。

特にレーザーによる美容整形は数ある美容整形の中でも、比較的費用が掛かりません。

レーザーを使う美容整形はタイムラグが少ないので、

他人に気づかれることなく美肌効果が得られるといいます。

美容整形のレーザー治療には、いろいろな種類があります。

どれを選択するかにもよりますが、

たいていの場合1回の美容整形のレーザー治療で終わることは無いようです。

お肌のしみやにきび痕を完全に除去したいのであれば、

何度かに分けてレーザーを照射する必要があります。

一度で終わらないことを負担に思う人も少なくないでしょうが、

徐々に肌がきれいになっていくことで、周りの人に美容整形をしたことがばれにくいともいえます。

レーザーでの美容整形は肌に及ぼすダメージが少ないために、

肌を傷めることなく美肌になることが可能になるというメリットがあります。

美容整形のレーザー治療を受けると、肌の真皮層を刺激して、

コラーゲンやヒアルロン酸といった肌の弾力の元である成分の分泌を促してくれます。

美肌効果があるレーザーを皮膚に照射する美容整形では、

肌が本来持っている美肌になる機能を高めることができるといいます。


posted by chibi at 04:45 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美肌になる為の美容整形

美肌になる為の美容整形というと、

やはりぱっと頭に浮かぶのはレーザーによる美容施術ではないでしょうか。

レーザーとは少し違いますが、フォトフェイシャルという方法もあります。

美肌のために、特殊な薬液を皮膚につけて表面の角質層を剥ぎ取るという方法もあります。

ケミカルピーリングという方法で、多くの人に人気となります。

特に数多くの人が使っているというレーザー美容とは、一体何をするものなのでしょう。

美容整形によるレーザー治療の方法は、レーザーを患部に当てるものです。

レーザーを照射することで新しい皮膚をつくる細胞を活発にし、

しわ、しみ、毛穴のゆるみなどを解消し、きれいな肌になれるというエステケアです。

細胞を活性化することで美肌になる理由とは何なのでしょうか。

肌にとどまり、しみや肌トラブルの原因となるメラニン色素や不要な老廃物が、体

の外に追い出されやすくなるためです。

代謝が良くなればターンオーバーが活発になり、

どんどん新しい皮膚が表に出て行って古い皮膚ととって代わります。

コラーゲンやヒアルロン酸といった、美肌に必須の成分を皮膚でつくる作用も高まるため、

弾力のある引き締まった皮膚になりやすくなるといいます。

レーザーによる美容整形を受けることで、自分自身のお肌の力を高めて、美肌にするわけです。

美肌になるために、レーザーによる美容整形を受けるという方法はとても合理的です。


posted by chibi at 04:43 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

顔のたるみ解消方法

顔のたるみで悩んでいる人の中には、短期間で効果を得たいという人もいるかもしれません。

自宅でのマッサージケアでたるみ対策を行うというやり方もありますが、

速やかな効果を求めている人はエステを使うといいでしょう。

エステでは、スキルと実績を持ったスタッフの手によって、

効率的なマッサージをしてもらうことができます。

たるみが気になる顔のリンパ腺の流れをよくしたり、

筋肉を柔らかくもんでもらうことで、たるみが解消されます。

美容整形外科などでも顔のたるみを改善することができます。

最近注目されているのは、サーマクールというたるみを解消するという美容施術です。

メスを使わずにできる施術方法で、

皮膚の表面にダメージを与えることなく顔のたるみを引き締めることができます。

コラーゲンをふやす効果もあるため、美肌に興味がある人も積極的に利用しています。

施術後すぐに効果が確認できることや、比較的長く引き締め効果が得られることが、

サーマクールの人気の理由の一つです。

施術に痛みが少ないというのも、フェイスリフトに関心が強い人にとって朗報です。

自宅でのケアだけでは限界があります。

たるみのない、引き締まった顔になりたいという人は、

自宅でのケアだけでなく、エステなど美容を専門的に扱うところで

プロのカウンセリングや施術を受けてはどうでしょう。





posted by chibi at 05:26 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

自宅でできる顔のたるみ対策

どんな人でも年齢と共に気になってくるのが顔のたるみです。

顔のたるみを防ぐために日頃からできることはないのでしょうか。

家庭でできる顔のたるみケアは、幾つかあります。

スキンケアをする時に、下から上、中心から外に向かって顔を揉みほぐし、

血流を改善するのもおすすめです。

肌をケアする時だけでなく、メイクの時もファンデーションをつける時などに施したい方法といえます。

お肌を引き締める効果が、ケアの順番に工夫をするだけでも実感できるようになるといいます。

もうひとつは顔のたるみを防止するマッサージです。

マッサージの方法は色々とありますが、特別な道具を必要とせず、

誰でもできる方法です。顔のたるみを防ぐマッサージを行うときのポイントは、力の加減です。

肌をひっぱらないようにするのが大切です。

しわが寄るくらい力を込めてマッサージをしては、かえって逆効果です。

指を皮膚の上で動かしてもこすらずに済むようにするには、

専用のマッサージクリームを使ったケアが向いています。

時間がないために、顔のたるみを解消するマッサージをしていられない人もいます。

時間のない人は毎日のクレンジングで指の動かし方を意識してみましょう。

正しいマッサージになっていなくても、クレンジングとリフトアップが同時にできることがあります。

毎日たるみ対策に効果があることを、コツコツと続けていくことが大事です。


posted by chibi at 04:45 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

顔のたるみの原因

顔のたるみは年齢を重ねると共にどんな人でも起こります。

いったい何が原因で顔のたるみが起こるのでしょうか。

たるみがない顔とは、コラーゲンが豊富に存在する皮膚です。

お肌にたくさんのコラーゲンが含まれていれば、重力によって引かれる心配なくいられます。

皮膚の真皮層でコラーゲンは作られていますが、紫外線の影響や外部からの刺激で壊れてしまい、

結果的に減少してしまうというわけです。

さまざまな要因によるコラーゲンの減少が顔のたるみの原因なのです。

たるみとかかわりがあるのは、顔の表情筋です。表情筋は、表情をつくる時に使う顔面の筋肉のです。

表情筋は年をとると力が低下してしまうのです。

体の筋肉と同様に顔の表情筋も衰えていくのは仕方のないことです。

特に、普段から表情変化が乏しいという人は、表情筋の衰えが早い可能性があります。

毎日の行動が、たるみの増加に拍車をかけることもあります。

顔のたるみは、普段からほおづえをついていたり、

口元や眉間にしわをつくることが多い人はできやすいといいます。

口角が下がっていると顔のたるみの要因となりますので、

いつも口角を上げるように意識すると良いでしょう。

顔のたるみが増す理由はいろいろなものがありますので、普段から意識することが大事です。


posted by chibi at 04:28 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

エステに頼らない小顔ケア

エステを使わずに小顔になることは可能でしょうか。

いろいろと小顔効果のあるエクササイズやマッサージなどのやり方があるそうです。

メイクや髪型などで小顔に見せる研究もさているので、実際に小顔にならずとも良いといいます。

実際にエステに行く前に、何が原因で小顔になれていないのか検討しましょう。

何が小顔になれない要因なのかというと、ひとつは骨格です。

エラが張っているなどの問題もありますが、

中には顔の骨がずれていて顔が大きく見えるというケースもあります。

エステの小顔矯正を、顔の骨がずれている場合はしなければならないでしょう。

輪郭が顔に脂肪がついているために丸く見えることもあるようです。

顔が大きく見える場合は、リンパマッサージやエクササイズで顔を引き締められる場合があります。

水分も溜まりやすく、脂肪がつきやすいのが顔の周りだといいます。

ツボ押しやマッサージを続けることで顔のむくみが改善できることもあるといいます。

大きな顔に見えるような形に髪型やメイクをしてしまっている人も案外多いようです。

ちょっと工夫して小顔に見えるメイクや髪型にするだけでも、

印象がわざわざエステまで行かずともかなり良くなるといいます。

最近では、自宅で誰でも簡単にエステのようなケアができる美容グッズも数多く販売されています。

エステと同じくらいの小顔効果を、

小顔ローラーや小顔ベルトなどの美容グッズで顔を引き締めることによって得ることができます。


posted by chibi at 04:26 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

エステの小顔コースの内容

エステで小顔ケアを受ける利点は、自宅ではできないことがしてもらえることです。

フェイスケアやマッサージを小顔を作るために家ですることもできます。

そうはいっても効果が違ってくるのがプロの手による小顔ケアです。

それぞれのエステによって違うのが、実際に行われている小顔ケアの方法です。

実際にエステに行く前に、どんな内容で行われているのか調べておくのもおすすめです。

マッサージケアの他、機器を使って老廃物を分解したり、

電気刺激を与えることで表情筋の衰えを改善するという方法もあります。

ホットジェルといって、トウガラシエキスを配合したものを塗る方法もあります。

皮膚の代謝を活発にするケアで顔をすっきりさせるだけでなく、肩や首なども軽く感じるようになります。

エステの小顔マッサージは、

皮膚を刺激するリズミカルなフルハンドマッサージが顔を心地よく引き締めてくれるといいます。


むくみが目立ち、疲労でこわばった顔をもみほぐすことで、リンパの停滞しがちな流れを改善し、

老廃物が顔に溜まっているのを排出します。

肌の血流促進と水分排出を促進するために、

スパ効果のあるケアで発汗作用をアップさせる施術をするエステもあるそうです。

一度でもエステのケアを受ければ、プロの技術を目の当たりにすることができるでしょう。

エステを小顔になるための方法として利用するのは、正しいといえるのではないでしょうか。


posted by chibi at 04:32 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

エステの小顔ケア

小顔に憧れてエステを利用する人は、少なくありません。

最近多いのは、顔を小さくしたいと頑張っている人は小顔はかわいいという考え方からで、

ダイエットやマッサージをしている人です。

小顔ケアをするためにエステでも、小顔になりたい人が大勢いることに対応して、

小顔コースを用意しているといいます。

小顔ケアをエステで行っているのは、血流を良くして脂肪の燃焼を活発にし

、マッサージで顔のむくみを解消したりする方法です。

美容クリニックで美容整形や骨格矯正という方法も存在しますが、

施術費用はかなりかかりますし後遺症や顔へのダメージの心配もあります。

整形手術はエステでは不可能ですが、

マッサージやフェイスケアなど小顔効果のあるものをしてもらうことができます。

小顔マッサージはある程度は家でもできますが、

プロのハンドテクニックによる小顔施術はまた格別の効果があります。

小顔コースをエステでしてもらうことによって、顔のむくみがなくなるだけでなく、

お肌がすべすべにもなり顔色が良くなったるもする効果があります。

効果が数日で消えて行ってしまう場合があるのが、エステでの小顔施術です。

せっかくの小顔効果を維持することができないので、続けてエステに通うことが必要なようです。

エステの小顔施術を受けたら、鏡を見てはっきりわかるくらい顔が引き締まったという人もいます。

小顔になるために一回ぐらいはエステの小顔コースを試してみるのもおすすめです。


posted by chibi at 04:52 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

美容液の効果と使用方法

スキンケア化粧品は皮膚にただつければいいと考えている人もいますが、

化粧水も美容液も、肌へのつけ方にはコツがあります。

スキンケア化粧品の場合には、大きな美肌効果を得ることができることと、

肌本来の性能をダウンさせてしまう場合とが、つけ方やタイミングによってはあるようです。

美容液をつけるタイミングは、洗顔が終わって、化粧水をつけた後です。

乳液で保湿するのは、美容液をつけ終えた後です。

美容液を使う場合に大事なのは、栄養を肌の奥まで浸透させることです。

保湿クリームや乳液をつけた後につけると、乳液などの油分ではじき返されてしまいます。

まず顔を洗ったあとは、化粧水を肌にたくさんつけましょう。

化粧品をコットンにつける方法は、あまりおすすめしません。

何かの刺激としてコットンの線維が、皮膚を傷つける場合があるようです。

効果的なスキンケア化粧品の活用方法は、化粧水や美容液を手のひらに取り、

なじませるようにパッティングするというものです。

額や頬は面積が広めなので手のひらで押さえつけるようになじませ、

口元や目元は指の腹で丁寧になじませましょう。

強くこすったり、叩き込むようにパッティングするのは肌への負担となりますので気をつけましょう。

正しい扱い方をしてはじめて美容液や化粧水の効果を引き出すことが可能なので、

スキンケア化粧品を使用する時には気を付けましょう。


posted by chibi at 05:55 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

スキンケア化粧品としての美容液の選び方

スキンケア化粧品の一つに美容液を使う人は多いようです。

何を基準として最近販売されている数多くの美容液の中からひとつと選択したら良いのでしょうか。

たとえ肌質で絞り込んでもまだたくさんの候補が、

もちろん乾燥肌とか脂性肌などの肌質によって選ぶことは大切だとはいえあるとえるでしょう。

実は美容液には、いくつかの役割があるといいます。

代表的な美容液の役割は、肌の保湿力を高めることです。

保湿成分は他の化粧品にも含まれていますが、美容液でより高濃度の保湿成分を肌に浸透させます。

肌トラブルの対策用としての効果も、美容液にはあるといいます。

ニキビケアやシミやシワの解消などに、

それぞれの目的に合った成分を配合した美容液を使うというものです。

実際に美容液を選択する場合には、何をするために美容液を選ぶかを決めましょう。

しっかりと自分の肌に足りないものは何か検討してから美容液を決めましょう。

化粧品全般に言えることで、美容液だけのことではありません。

注目するのは特定の成分だけではなく、

化粧品選びをする場合に大事なのは、配合成分に対して全般的に配慮することです。

多くの美容液には、皮膚に栄養成分が浸み込みやすいように、

アルコールや合成ポリマー、合成界面活性剤などが利用されています。

人によって解釈が分かれるところですが、
これらの成分を配合した化粧品は肌に負担になることがありますので、よく確認することが大切です。

成分全体を見て、慎重に行うことが、化粧品の中でも美容液を選択する場合には不可欠です。


posted by chibi at 04:47 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

美容液の化粧品としての役割

化粧水、美容液、保湿クリームなどのスキンケア化粧品で、お肌のお手入れをしている人は多いようです。

肌に水分を与えるのが目的なのが化粧水で、

肌から水分が逃げていかないように覆うためのものが保湿クリームです。

どんな役目があるのが、美容液というものなのでしょうか。

お肌の栄養になる成分である保湿成分や美白成分などが濃縮されているのが、美容液という化粧品です。

化粧水で肌に水分を与え、美容液で栄養補給をし、

保湿リームで肌を油分でカバーするのが一連のスキンケアの手順です。

肌の真皮層まで栄養分を浸透させることができる美容液は、

根本から肌を生き生きとさせることができる化粧品です。

成分が濃縮されているため、

他のスキンケア化粧品に比べて割高感があるかもしれませんがお肌にとっては大変に有用なものです。

さまざまなタイプのものが美容液の配合成分にはあるようで、肌質はもちろんのこと、

何のために使いたいかで違ってきます。

毛穴の引き締め効果、小じわやくすみを目立たなくする、ニキビ対策のための美容液があり、

その目的は美白や保湿だけとは限りません。

美容液中には、化粧下地として活用できるものがあるといいます。

朝は美白系の美容液、夜は保湿系の美容液など、時間や季節によって使い分けてもいいでしょう。

スキンケア化粧品として役立てるためにも、自分に合う美容液を探すように心がけましょう。


posted by chibi at 04:45 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルは、お肌のしみ、くすみ、そばかす、

にきび痕などを解消する効果がある美容施術です。

フォトフェイシャルこのところ話題になっており、利用する人も増加しているといいます。

医療用のIPLという特殊な波長の光を、フォトフェイシャルでは使用するといいます。

フォトフェイシャル特有のかなりの美肌効果が出力の高い光を利用するので得ることができ、

光治療のひとつですが人気があります。

毛細血管やメラニンといった肌トラブルの原因となるものに熱を集め、

ダメージをこの光を肌に照らすことで与えるという仕組みです。
肌トラブルのある場所だけに影響があるため、お肌を傷つけることはありません。

肌への負担が少ないことがフォトフェイシャルの魅力です。

肌トラブルの改善ができることだけが、フォトフェイシャルの効能ではないのです。

フォトフェイシャルで活性化できるのは、

繊維芽細胞という肌のハリや潤いを保つコラーゲンをつくるものの働きです。

そのおかげでターンオーバーがお肌のコラーゲンが多くなることで促進され、

美肌効果は肌の内側から新しい肌がつくられることで上がるのです。

副作用の心配もレーザー治療とが違い、優しい光を使うため肌への負担があまりないので、

それほどないことも良いところです。

フォトフェイシャルの施術時間は20分程度と短く、短時間ですぐに効果が実感できます。





posted by chibi at 04:54 | 若返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おとくケータイ.net
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。